事件・事故

竹内真友理と友理恵の母親は誰?「シンママのご出勤」高松市女児2人車内放置で熱中症

bmw事件・事故
bmw

文責/吉田樹

3日昼ごろ、高松市常磐町で路上に止めた車の後部座席で女の子2人が意識不明となり、搬送先の病院で死亡が確認されました。熱中症と見られています。

亡くなったのは竹内真友理ちゃん(6)と妹の友理恵ちゃん(3)

2人の母親が誰なのか、母親の行き先はどこで何をしていたのか、探っていきます。

※追記

母親が逮捕され名前が公表されました。竹内麻理亜26歳です。

「竹内麻理亜の行き先「3軒はしご酒」「不倫相手の家」」を追記しました。

関連記事はこちら

竹内麻理亜まとめ!「社長夫人でPTA役員・素敵ママの裏の顔」

高松市常磐町車内放置事件の概要

3日午後0時40分頃、高松市常磐町で女性から「車内で子どもがぐったりしている」と119番があった。消防と警察が駆けつけたところ、女性の車の後部座席で、6歳の長女と3歳の次女が意識不明で倒れていた。

2人は病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。香川県警高松北署は、熱中症の疑いもあるとみて経緯などを調べている。

高松北署の発表によると、女性は通報時、「車から少し離れて、戻ってきた」と説明したという。

現場近くの住民によると、女性は取り乱した様子で、「エンジンをかけたまま車を離れたつもりだったが、戻ったらエンジンが切れていた」と話していたという。

現場は高松琴平電鉄・瓦町駅の南約200メートルで、飲食店などが立ち並ぶ繁華街の一角。

気象庁によると高松市では3日午後2時37分に37・6度を記録。同市で9月の観測史上最高となる暑さだった。

出典:読売新聞

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親は誰?

高松市常磐町車内放置事件では、亡くなった竹内真友理(たけうちまゆり)ちゃんと友理恵(ゆりえ)ちゃんの名前が公表されていますが、2人を放置して熱中症で死なせたお母さんの名前は出ていません。

他の事件でもそうですが、先に被害者の名前が出て、後で加害者の名前が出るケースが多いです。今回の高松市常磐町車内放置事件は、母親への聞き取り調査は行われていますが、母親は逮捕されていません。

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんを故意に炎天下の車に置いたのか、過失だったのかは現在捜査中ですが、母親の行いで姉妹が死んだのは事実。無罪ということはありません。被害者の名前を出す以上に、加害者である母親の実名の公表が待たれます。

hahaoya

hahaoya

※追記

母親が逮捕され名前が公表されました。竹内麻理亜26歳です。

takeushimariakaogazou

takeushimariakaogazou

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親はヤンキーか

これまでの母親が起こした事件から、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんのお母さんはヤンキーなのではないかという予測も生まれました。しかし、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が乗っていた車はBMW(ビーエム)です。

「ヤンキーや底辺の母親を想像してる人多いけど、乗ってる車が画像で出てたけど、BMWだし変なステッカーやぬいぐるみとかも置いてなかった。エンジン切って美容院とか行っちゃってたのかな」

komento

komento

bmw

bmw

ちなみにこの車種は、BMW 2シリーズグランツアラー218i インテリジェントS コンフォートPKGというもの。BMWの2だから中古なら100万円以下で購入できるようです。

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親はシングルマザーか

後で詳しく載せますが、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が車を停めていた場所は、ソープランドの近くであることから、お仕事をしていた、つまりシンママで生活が苦しく働いていたのではないかというネット情報も挙がっています。

「シンママでソープで働いてた」

komennto

komennto

母親の行き先はどこで何をしていたか

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親の説明によると、「車から少し離れて戻ってきた」と言っているようです。では、母親が車を置いていた近くに何があったのでしょうか?

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が車を停めていたのは、以下の場所です。

〒760-0054 香川県高松市常磐町2丁目6−14

母親の行き先はパチンコ屋

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんのお母さんが、2人を熱い車の中に放置して向かった先は、パチンコ屋ではないかと言われています。

母親が車を停めていた場所の近くに、アイゼン瓦町店というパチンコ店があります。過去にも母親が子供を車に置き去りにした事件があったことから、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんのお母さんもパチンコ屋に行っていたのではないかと言われています。

  • ・2005年8月岩手県一関市で、パチンコ屋の駐車場の車内に生後6ヶ月の長女を3時間置き去りにし熱射病で死亡。
  • ・2006年5月、愛知県豊明市で、パチンコ店駐車場の車内に生後2ヶ月の長男を約5時間放置し死亡。

aizen

aizen

母親の行き先はソープ

ほかにも、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が車を停めていた場所が、ソープドМバニーの近くであることから、子供二人を熱い車に放置してご出勤していたのでは?とも言われています。

このことから、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんのお母さんはいわゆる「シンママ」、シングルマザーだったのではという予測もされています。

awa

awa

母親の行き先はホテル

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が車を停めていた場所が、ホテル夢常磐町店の近くであったことから、お母さんは姉妹を灼熱の車に放置して、不倫相手とホテルに行っていたのでは?という推測も出来ます。

幼い姉妹を不倫の現場に立ち会わせることは出来ませんから、「熱い車の中で待っていてね」と言っていたのかもしれません。

hotel

hotel

竹内麻理亜の行き先「3軒はしご酒」「不倫相手の家」

その後の警察の調べで、2人の母親である竹内麻理亜は3軒の飲食店に行き、はしご酒をあおっていたことがわかりました。

2軒目までは竹内麻理亜一人でいるところが確認されており、3軒目から知人男性といわれる不倫相手と合流したとのこと。そこから竹内麻理亜は不倫相手の家に行き、次の日の昼まで熱い一夜を過ごしたようです。たったの一度も車に戻ることはなく。

竹内麻理亜の愛車のBMWの灼熱地獄のなかで、幼い娘2人はママを待ち続け、ついに力尽き亡くなりました。

bmw

bmw

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんは母親に殺された

車内放置による熱中症で亡くなった竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんは、母親から虐待を受けていたのではないかということも考えられます。いわゆるネグレクト、育児放棄です。

しかし、ただの育児放棄であれば、竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんを家に置いておけばいい話。小さな子供2人をわざわざ車に乗せて外に連れ出すことすら面倒なので、育児放棄をしている母親にはできません。育児放棄で車内放置はありえないのです。

kodomo

kodomo

そこで考えられるのは、最初から母親は竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんを殺そうと思っていたのではないかということ。つまり、意図的に暑い車内に放置して殺したのです。

これまでも毎年のように、子供が車内に放置され熱中症で亡くなるという事件が、夏の恒例行事のように起こっていました。しかし一時話題になるだけで、そのあとに母親、もとい父親が逮捕されたという話はあまり聞きません。

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんのお母さんはそこに目をつけました。幼い2人が邪魔になっていた母親は、捕まる危険のない車内放置という殺人方法を選んだのです。

atui

atui

警察に聞かれたらこう答えればいい。「車から少し離れて、戻ってきた」「エンジンをかけたまま車を離れたつもりだったが、戻ったらエンジンが切れていた」

少し取り乱した演技をすれば、さらに信憑性が増します。警察が「お母さんかわいそう」と同情してくれたら、もう安心です。今後殺人を疑われることはありません。無罪放免です。竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんは、お母さんのうっかりで亡くなったことになるのです。

keisatu

keisatu

過去の車内放置での逮捕例

とはいえ、警察の目も節穴ではありません。「子供を車内に置き去りにする危険性が認識できた」と判断すれば、逮捕まで徹底的に捜査します。

大阪市平野区で4年前に起こった、当時1歳の男児と3歳の女児を車の中に約10時間半放置して、2児の母親である女とラブホテルへ行き、男児を熱中症で死亡させた事件では、父親とされる男が逮捕されました。さらに遺体をクーラーボックスに隠したことも加わり、保護責任者遺棄致死や死体遺棄罪などに問われました。

この男、裁判でも終始自己弁護に努め、「何度も車に放置して大丈夫だったので、危険とは思わなかった」「何度も放置したことがあり、汗をかいていてもすぐに普通に戻っていたので大丈夫だと思った」などの発言を連発。車内放置の常習犯であったことがわかっています。

jikenngennba

jikenngennba

竹内真友理ちゃんと友理恵ちゃんの母親が、こういった過去の車内放置事件の逮捕例などを調べ、「車内放置の常習でなければいい」「頃合いをみて車に戻り、ぐったりしているところで119番通報すればいい」などと、計画的に殺人を実行した可能性があります。

hahaoya

hahaoya

関連記事はこちら

竹内麻理亜まとめ!「社長夫人でPTA役員・素敵ママの裏の顔」

社会派ニュースサイト

コメント