レジ袋は全て有料化される?対象外もある理由をわかりやすく解説!
スポンサーリンク

政府の方針により、2020年7月1日から「レジ袋」の有料化がスタートしました。

しかし、レジ袋全てが有料化となるわけではありせん。

一体どのようなものが有料化にならないレジ袋なのでしょうか。わかりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

レジ袋有料化がスタート

徐々にレジ袋有料化する店舗が増えていましたが、2020年7月1日、全国の小売店でプラスチック製レジ袋の有料化が義務付けられました。

スポンサーリンク

レジ袋有料化の義務化とは?

レジ袋の有料化義務化
プラスチックの海洋ゴミ問題や地球温暖化が地球規模で深刻さを増していることから、
2019年5月、「プラスチック資源循環政略の制定」されました。
この中でレジ袋有料化義務化(無料配布禁止等)が定められています。
消費者のライフサイクル変革を目指しています。

「プラスチックの海洋ゴミ問題」には、プラスチック製のレジ袋が含まれています。

プラスチックゴミを魚が食べると、体内にプラスチックの破片が蓄積し、人間がこの魚を食べることで、健康被害が懸念されることとなります。

また、プラスチックゴミは原料が石油で出来ており、プラスチックゴミを燃やすことによって温室効果ガスが発生します。

その結果、地球温暖化を進めることになってしまいます。

レジ袋有料化を義務化することで、プラスチックの過剰な使用を抑制し、消費者のライフサイクルを変えようとするのが狙いです。

スポンサーリンク

レジ袋有料化で「対象外」となるものは?

今回のレジ袋有料化の対象外となるのが、以下の3つです。

有料化対象外となるものは3つ
①プラスチックのフィルムの厚さが「50マイクロメートル以上」のもの
理由:繰り返し使用可能なため、プラスチック製買物袋の過剰な使用を抑制できます。②海洋性分解性プラスチックの配合率が「100%」のもの
理由:微生物により、海洋で分解されるので、海洋プラスチックごみ問題に寄与します。

③バイオマス素材※の配合率が「25%以上」のもの
理由:植物由来がCO2総量を変えない素材なので、地球温暖化に寄与します。

※バイオマス素材とは
バイオマス素材はサトウキビやトウモロコシなどの植物を主原料としたもので、燃やしても地球温暖化につながりません。

ネットの反応は?

スポンサーリンク
おすすめの記事