事件・事故

沢田龍裕の顔画像とFacebookが特定「小学生の女子だけが好き」府中市わいせつ男

sawadatatuhiro事件・事故
sawadatatuhiro

文責/吉田樹

動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」で知り合った小学5年の女児(10)を車で連れ去り、わいせつな行為をしたとして、沢田龍裕(さわだたつひろ)容疑者が逮捕されました。

沢田たつひろの特定されている顔画像とFacebook、過去のわいせつ行為の逮捕歴などを調べていきます。

沢田龍裕の顔画像

送検される沢田龍裕(さわだたつひろ)の顔画像です。くたびれた服装にぼさぼさの頭、冴えない顔。34歳にして、やや中年太りの気配もします。

sawadatatuhiro

sawadatatuhiro

沢田たつひろのFacebook

沢田たつひろのFacebookもすでに特定されています。

sawadatatuhiro

sawadatatuhiro

フェイスブックには本人が澤田龍裕と登録されているので、沢田ではなく澤田が正式な名前と見られています。ディズニーランドで撮ったと思われる沢田龍裕の画像は、送検時のような疲れ切った様子はなく、まだ若さとこれからの希望を感じます。

なお、沢田龍裕のフェイスブックに投稿は何もなく、友達もいません。ただ自己紹介で東京都府中市出身とあるだけ。澤田龍裕は府中市出身に誇りを感じていたようです。

沢田龍裕はフェイスブックに登録したものの使いこなせなかったのか、フェイスブックに登録しても交流する友達がいなかったのか、沢田龍裕の送検時の風貌を見るからに、後者のような気がしてなりません。

沢田たつひろの経歴

簡単ではありますが、沢田たつひろのプロフィールです。

sawadatatuhiro

sawadatatuhiro

名前:沢田龍裕(さわだたつひろ)

年齢:34歳

職業:会社員(前職は警備員)

住所:東京都府中市小柳町

沢田たつひろは以前にもわいせつ行為で逮捕された経歴があります。沢田たつひろはその時の住所も東京都府中市小柳町であったことから、おそらく実家住まいと考えられます。普通、逮捕歴があれば、周辺にさとられないために引越しなどしそうなものですが、よほど沢田たつひろは府中市に愛着があるようです。

沢田たつひろは実家住まいの無職のニートかと思いきや、ちゃんと働いていました。前に逮捕されたときは警備員だったことから、沢田たつひろは転職に成功していました。しかし、沢田たつひろの今回の逮捕を受けて、今の職場に戻れることはないでしょう。

沢田龍裕は前にもわいせつ行為で逮捕

沢田龍裕は、2017年11月に福岡県警博多署に強制性交の疑いで逮捕されています。沢田龍裕はインターネットの出会い系サイトで出会った小学6年生の女児と博多のホテル内でわいせつ行為をした罪で逮捕されました。

「小学生6年生と合意の上で」と沢田龍裕は主張しましたが、13歳未満の女児と性交した場合は「強制性交罪」です。しかし、裁判では執行猶予がついてしまいました。ところが、沢田龍裕は前回同様の事件を起こしています。今回、沢田龍裕は実刑を受けることが確実視されています。

ところで、沢田龍裕は府中市からわざわざ福岡に出向いて、事件を起こしています。沢田龍裕は事件の発覚を恐れ地元から離れたのか、インターネットで見た福岡の小学6年生が相当好みだったのか、もしくはその両方だったのか。

沢田龍裕は大人女性にトラウマを抱えていた

5chでは沢田龍裕の気になる情報が寄せられていました。

「好みもあるけど沢田は前から大人の女に相手してもらえなくてトラウマ」

komento

komento

沢田龍裕は年相応の女性には相手にしてもらえず、トラウマを抱えたまま女児に走った様子。よくある話ではありますが、沢田龍裕はもともとその素質もあったのでしょう。今となっては「小学生の女児だけが俺の女」くらいに、沢田龍裕は考えていた可能性があります。

府中市の会社員が小5女児にわいせつ

小学5年の女児(10)を車で連れ去り、わいせつな行為をしたとして、警視庁は、東京都府中市小柳町5丁目の会社員沢田龍裕容疑者(34)をわいせつ目的略取と強制わいせつの疑いで逮捕し、9日発表した。調べに対し、沢田容疑者は「連れ回したのは間違いないが、わいせつなことはしていない」などと供述しているという。

町田署によると、沢田容疑者は8月30日夜、東京都町田市の女児を市内のコンビニエンスストアに呼び出し、車で連れ回したうえ、横浜市内のホテルでわいせつな行為をした疑いがある。

動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」のメッセージ機能を使って知り合い、6月から複数回、都内の公園で接触。「住所知っているから」「家の前で死ぬよ」と脅していたという。

女児は自分のスマートフォンでアプリを使っていた。友人を通じて事情を聴いた小学校の教諭が署に相談したという。

出典:朝日新聞

子供へのわいせつ事件は親の教育不足

沢田たつひろは前回の逮捕で小学6年生、今回の逮捕で小学5年生と、小学校の高学年の女児を狙ってわいせつ行為をしています。沢田たつひろの手口はインターネットの出会い系サイト、今話題の動画投稿アプリ「TikTok」。沢田たつひろは最新のツールを使って女児と出会っています。

しかし、そもそも小学6年生と出会い系サイトで出会うことがおかしい。なぜ出会い系サイトに登録していることを親が知らなかったのか。今回のティックトックにしても、小学5年生のところに沢田たつひろからダイレクトメールが届いていたのに、親が気づいていない。

小学校の高学年はれっきとした子供。親の管理なしでネットやSNSをやれば危険を伴うのが当たり前です。それは男の子女の子問わずです。

なんの対処もせず子供に好き勝手させておいて、被害に遭いましたは通用しません。

沢田龍裕の顔写真

sawadatatuhiro

sawadatatuhiro

小児性愛は病気です。再犯率も非常に高いとよく言われていることを、沢田龍裕は証明してしまいました。今後の被害者を出さないためにも、厳罰を処してほしい。そして出所したときのために、親たちはぜひ沢田龍裕の顔を覚えておいてください。

社会派ニュースサイト

コメント