事件・事故

池田純子の顔画像と自宅は?「勝気な性格でDVの常習犯」茨城県土浦市夫殺人事件

ikedajunko事件・事故
ikedajunko

夫を包丁で刺したとして、土浦市西根南の会社員、池田純子容疑者(43)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

夫の淳さん(41)はその後亡くなり、容疑は殺人未遂から殺人に切り替わっています。

池田純子の顔画像や、夫婦で住んでいた自宅、池田純子の性格やDVの常習性について探っていきます。

※「池田純子の勤め先を特定」を追記しました。

※「池田純子はマザコン」を追記しました。

※池田純子と池田淳の顔画像を追記しました。

※「池田純子のFacebookが特定」を追記しました。

池田純子の顔画像

ikedajunnko

ikedajunnko

池田純子の顔画像を探しましたが、今はまだネット上でも特定されていません。43歳はまだ一応若いので、Facebook・Twitter・インスタグラムなどの、SNSアカウントを持っている可能性が非常に高いです。

しかし、名前が「池田純子」。同姓同名のアカウントがやたらと多い。これだからよくある普通の名前は困ります。殺人犯「池田純子」と同じ名前というだけで、同姓同名の人に風評被害を与えるのも良くない。

しかも、「池田純子」のフェイスブック・ツイッター・インスタでは、アカウントそのものが多いということもありますが、画像や基本データを載せていないものも多数あります。池田純子のアカウントを見つけたとしても得られる情報はほぼゼロです。

池田純子のFacebookが特定

池田純子のFacebookが特定されました。夫の池田淳さんも友達として登録されています。

ikedajunko

ikedajunko

池田純子は服の某ブランドを手にしている顔写真をフェイスブックのプロフィール画像にしていました。キャッチコピーもついているので、池田純子は読モでもしていたのかもしれません。

池田純子のフェイスブックへの投稿写真は5件で、いずれも夫の池田淳さんかお子さんが写っています。池田純子も加わった3人の画像は存在しませんでした。なかなか3人一緒に写真が撮れなかったのか、それとも一緒に写真を撮るほど仲が良くなかったのか。

ikedafacebook

ikedafacebook

池田純子が夫と住んでいた自宅

jitakugazou

jitakugazou

池田純子と池田淳が住んでいた自宅の画像です。アパートかコーポというところです。それにしては黒塗りでなんだかおしゃれな外観。マンションではないけれど、デザイナーズマンションと言ってもいいほどの門構え。

茨城県土浦市という田舎で、周辺の家より一際目立つ存在です。比較的新しく見えるので、築浅物件でしょう。築浅物件であればそれなりに家賃は高かったはず。

池田純子に殺されたご主人の淳さんは会社役員でした。あと池田純子と淳さんの間には4歳の子供がいます。淳さんは会社役員として、妻と子供1人を養うには十分すぎるほどの給料を貰っていました。家族3人の快適な生活を優先するために、ご主人の淳さんは高めの家賃でも払い続けられたのでしょう。まさか、その大切な家で愛する妻に殺されるとは、なんとも皮肉な話です。

〒300-0842 茨城県土浦市西根南

地図を確認すると、近くには保育園、幼稚園、学校があり、子育てするには最適な環境です。住居も多く、閑静な住宅地と呼ぶにふさわしい場所です。

※追記

5chから池田純子の家について、以下の情報が寄せられました。

「亡くなられた旦那さんの実家が工務店経営してて、継ぐために最近夫婦で引っ越して来たらしい
新居も建ててもらってとんだ悪嫁だね」

comento

comento

池田純子の夫の池田淳は会社役員と言われており、それが工務店経営ということがわかりました。新居も建ててもらったということは、画像に写っている池田純子の家は、新築の戸建てということになります。マンションでもアパートでもコーポでもありませんでした。池田純子の家が周りの家と比べて新しく、洗練された印象を持つのは当然でした。

後で詳しく解説しますが、池田純子と夫が経営していた工務店の場所が特定できました。

「池田工務店」

〒300-0842 茨城県土浦市西根南3-7-62

池田純子の自宅は、池田工務店の近くに建てられています。

池田純子は勝気な性格

公表されている池田純子の経歴・プロフィールです。

・名前:池田純子

・年齢:43才

・職業:会社員

・住所:茨城県土浦市西根南

これらの経歴から池田純子の性格は全くわかりません。しかし、5chではすでに池田純子の性格に関する情報が挙げられていました。

「勝気で関わるの嫌になる人 よく結婚できたなって思ってた
でもこれで一人になったね 子供も預けられるんだろうし」

comento

comento

池田純子は勝気な性格で、関わりたくないと言われるほどヤバい人物だったことがわかります。今回、ご主人を刺し殺したきっかけはお酒と言われていますが、池田純子はもともとヤバい人物。これにお酒が加わったのだから、もはや敵なしです。池田純子とご主人が口論になっても、ご主人がかなう相手ではありません。

結果、ご主人は池田純子に刺し殺されました。しかし最初、ご主人に勝っていい気になっていた池田純子は夫が動かなくなったことで、ようやく事態の深刻さに気付いたのです。

jikengenba

jikengenba

池田純子はDV常習犯

本来、ドメスティックバイオレンス、通称DVは強い男性から弱い女性に対して、行われるものと考えがちですが、実際は違います。DVの加害者は大半が女です。男は女に対して暴力を振るえず、周囲には女に殴られているとは言えず、人知れず悩んでいるケースが多い。

dv

dv

実は池田純子もDVの加害者であった可能性が非常に高いのです。もともと池田純子は勝気な性格です。そしてたった2歳差とはいえ、姉さん女房です。会社役員の夫を従わせて征服するために、日頃から夫に対し暴力を振るっていたのでしょう。

池田純子は口論になって夫を刺したと言っていますが、その日もいつも通り夫に暴力を振るっていて、耐えかねた夫が刃物を持ちだし、夫が悲しくも返り討ちにあったのではないでしょうか。DV被害に遭う男性は優しい人が多い。刃物を持ちだしたところで、それを池田純子に向けることは出来なかったのです。

ikedajun

ikedajun

※追記

池田純子に刺されて亡くなった夫の池田淳さんのFacebookも特定されました。池田淳さんが投稿している自分の写真は、プロフィール画像でも使われているこの1枚のみでした。夫の池田淳さんは、予想通りとても優しい顔付きのイケメンであることが、顔画像から伝わってきます。池田淳さんが池田純子のDV被害に遭っていたのかと思うと胸が痛みます。

池田純子の勤め先を特定

池田純子に刺されて亡くなった夫の池田淳さんは実家が工務店経営をしており、継ぐために最近茨城県土浦市に引越したことがわかっています。池田純子は職業が会社員と報道されていました。でも池田純子は43歳。この年齢で引越し先の新しい職場に転職するのは大都会を除いて、とても困難です。

でも夫の池田淳さんが経営する工務店に池田純子も務められたら、こんな楽な転職はありません。池田純子は「家でも会社でも池田淳さんをサポートしたい」とかなんとか言って、池田淳さん経営の工務店に転がり込んだに違いありません。

池田純子の夫の池田淳さんが経営していた工務店の名前と住所が特定できました。

「池田工務店」

〒300-0842 茨城県土浦市西根南3-7-62

ikedakoumuten

ikedakoumuten

池田工務店の外観は池田純子の自宅と全く違います。自宅兼事務所ではありませんでした。池田純子の自宅はまた別の場所にあります。自宅と職場が分かれているので、プライベートと仕事が切り離せます。

でも同じ会社に勤める役員の夫と平社員の妻。職場でも家でも顔を合わせ、1日を通して長く一緒にいれば、関係もギスギスしていたのだと簡単に想像がつきます。池田純子が頑張って夫とは違う職場に転職していれば、夫を刺し殺すといった事件に発展することはなかったのです。

茨城県土浦市夫殺人事件の概要

夫を包丁で刺したとして、茨城県警土浦署は17日、土浦市西根南、会社員池田純子容疑者(43)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。会社役員で夫の淳さん(41)は病院に運ばれたが、出血性ショックで死亡した。同署は殺人容疑で調べている。

発表によると、池田容疑者は17日午前0時半頃、自宅で淳さんと口論になり、腹を包丁で刺して殺害しようとした疑い。容疑を否認している。池田容疑者は当時、酒を飲んでいた。池田容疑者が県外に住む母親に連絡し、母親から「娘が夫を刺したようだ」と110番があった。

出典:読売新聞

・妻の池田純子が夫の池田淳さんを包丁で刺した。

・池田純子は当時酒を飲んでいた。

・池田純子自ら警察へ連絡したのではなく、なぜか母親に連絡。

・池田純子の母親経由で事件が発覚。

・池田淳さんは病院に運ばれたが、こと切れてしまった。

池田純子はマザコン

上記の報道内容にあるように、池田純子は夫の池田淳さんを刺した後、一番に池田純子の母親に連絡しています。救急車か警察を呼ぶならまだしも、なぜ県外に住む母親なのでしょうか。

池田純子は酒を飲んでいてわけがわからなくなり、とても混乱していたのでしょう。たとえ県外に住んでいても、池田純子は母親が味方してくれると思い込んでいました。母親は困った時に助けてくれる絶対的な存在だったのです。池田純子が43歳にしてマザコンであることが判明しました。

マザコンは男だけの問題ではありません。

mazakon

mazakon

池田純子はこの危機的状況から救ってほしいと懇願すると、池田純子の母親はいたって冷静な判断を下しました。それが警察への連絡です。少しでも娘の罪が軽くなるよう、池田純子の母親は最善の道を選んだのです。

助けてくれると思っていた母親が警察に通報。池田純子から見れば母親が警察に娘を売った、裏切り行為にも思えるはず。池田純子は母親を逆恨みすることなく、自ら犯した罪を認めることができるのでしょうか?

ikedajunko

ikedajunko

社会派ニュースサイト

コメント