事件・事故

平尾博司のTwitterと経歴!「スリルを求めて髪と仕事を失った」西武2軍打撃コーチ

hiraosettougazou事件・事故
hiraosettougazou

西武の平尾博司2軍打撃コーチ(44)が窃盗を理由に、球団から契約を解除されていたことが明らかになりました。

平尾ひろしのツイッター、経歴・プロフィール、犯行動機などを探っていきます。

平尾博司のtwitter

平尾博司のツイッターアカウントは存在しませんでした。

hiraotwittergazou

hiraotwittergazou

「平尾博司のツイッターはありませんでした。はい、終了。」というわけにはいきません。

平尾博司のツイッターアカウントがない代わりといってはなんですが、ツイッター上に寄せられた平尾博司のおもしろ情報を紹介していきます。

平尾博司(44) 盗んで埼玉(44)」

自分がこれまで推した埼玉県出身者といえば吉澤ひとみ、平尾博司なんですが、なんと両方警察のお世話に…」

「俺が初めてチャラ尾さんにあったのは01年、阪神から西武に移籍してきてまだ間もない頃でその頃のチャラ尾さんは試合中の怪我で登録抹消し第三球場で軽いリハビリ練習をしてました。その時にチャラ尾さんにサインを頼んだら来てくれました。自分は急いで鞄からペンとマジックを取り出そうとしてあたふた」

「しているとその様子を見ていたチャラ尾さんは「そんな焦んなくても大丈夫だよ」と笑顔で言ってくれました。  本当に気さくで優しい人柄でした。それがチャラ尾さんとの初対面です。本当に未だに信じられません」

ロッカーへの盗塁も得意な平尾博司二軍打撃コーチ」

平尾博嗣さん(大宮東高校)、コーチになって平尾博司に改名してたのか。 Yahoo!トップへの掲載、おめでとうございます。」

「平尾マジで。。 息子の幼稚園の時、同じ幼稚園の子のパパと友達だったらしく遊びに来て、写真撮ったり頭撫でてもらった思い出。。」

前代未聞!! コーチが選手の私物を盗む 【プロ野球】 西武ライオンズ・平尾博司2軍打撃コーチ(44歳)が選手の私物を盗んだとして、10月31日付で契約を解除した。平尾は選手時代の2008年の巨人との日本シリーズで本塁打2本を含む打率5割超の活躍で西武日本一に貢献し日本シリーズ優秀選手賞を獲得した」

平尾博司、現役時代に風貌から「チャラ男」と呼ばれて持て囃されて過ごしていたけど、引退後コーチの職に就いて40代になって部下(選手)の私物を窃取してるとなると、キャラではなく本格的にヤバかったんかなって。」

銭形「くそ~平尾はとんでもないものを盗んで行きました」 クラリス「いえコーチはなにも」 銭形「選手の免許証です」 クラリス「これでたくさん練習できますね」

平尾ひろしの経歴・プロフィール

名前:平尾博嗣(ひらおひろし)

登録名は「平尾 博司」(読みは同じ)

生年月日:1975年12月31日

年齢:44歳

出身地:埼玉県浦和市

身長:176cm

体重:79kg

学歴:埼玉県立大宮東高校卒

経歴:阪神タイガース(1994~2001)

西武ライオンズ(2001~2012)

西部ライオンズコーチ(2019~2020)

2020年10月31日、「契約違反」があったとして契約解除

ちなみに平尾博司は阪神タイガース在籍時代、次のような歌で応援されていました。

「1995年〜1997年CD版

今 牛若の再来だ

羽ばたけ高く天を突き

魅せろよ平尾

ダッシュダッシュ平尾

1998年〜2001年CD版

今 牛若の再来だ

羽ばたけ高く天を突き

一撃見せろ

打て打て平尾

現役時代こんなにも応援されていたのに、平尾博司はコーチとなって、そのことを忘れてしまったのでしょうか?

平尾博司の犯行動機

平尾博司の犯行動機、もとい平尾博司の窃盗の動機とは何だったのでしょうか?

現役時代まではいかなくても、コーチとして安定的な報酬はあったはず。独自の調査によると、コーチは教える立場なので、年収2000万はあると考えられます。お金がなくて選手の持ち物を盗んだとは思えません。

このことから、一つの真実が見えてきます。

「スリルを求めていたに違いない。
主婦の万引きみたいなもん。」

5chcomment

5chcomment

平尾博司は人がうらやむような何不自由ない暮らしに、嫌気がさしていました。現役時代のドキドキワクワクはコーチの仕事にはありません。平尾博司は穏やかな日常に満足できませんでした。

そこで平尾博司は選手の持ち物を奪うというスリルを求めたのです。

平尾博司の目的は物ではありません。あくまでもスリル。平尾博司はハラハラドキドキするような時間を過ごしたかっただけなのです。

平尾博司の大いなる願いは、ついに叶いました。

西武から契約解除されたことによって仕事を失いお金を失い、これまで以上にハラハラドキドキする展開になったわけですから。

平尾博司の窃盗報道

西武は1日、平尾博司2軍打撃コーチ(44)との契約を解除したと発表した。契約違反を確認したことから10月31日付で契約を解除したという。

球団によると、同コーチは選手2人の私物を窃取。その選手のうち1人から10月16日、私物がなくなったと球団に申し出があり、同日、球団が調査したところ、同コーチが窃取したことが判明。本人も事実関係を認めた。

球団は自宅待機を命じ、同コーチは以後、グラウンドに姿を見せていなかった。

出典:西日本スポーツ

この報道内容、窃盗というより、契約解除が前面に出ています。窃盗による逮捕の有無などを教えていただきたいものです。

球団は自宅待機を命じるよりも、平尾博司に警察に出頭するよう伝えた方が良かったのでは?平尾博司に必要なのは、職場でのペナルティではなく、きちんと罪を償うことではないかと。

社会派ニュースサイト

コメント