事件・事故

道路陥没の原因が判明か!「第二次世界大戦で掘った地下壕」東京都調布市東つつじケ丘

kannbotutizu事件・事故
kannbotutizu

東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道で、18日に道路の陥没事故が起きました。穴の大きさは長さ約5メートル、幅約3メートル、深さ約5メートルとのことです。

調布市の陥没事故の原因、陥没事故の概要、博多駅前の道路陥没事故との共通点について、探っていきます。

調布市の陥没事故の原因

陥没事故を起こした道路の地下では、現在、東京外環自動車道(外環道)のトンネル工事が行われていました。地図と照らし合わせても、陥没事故が起こった現場は、トンネル工事の真上であることが確認できます。

kannbotutizu

kannbotutizu

この事実を受けて、NEXCO東日本(東京都)は工事を一時中止することを明らかにしました。警視庁調布署などが工事との関連の有無を調べています。でも、まだNEXCO東日本(東京都)の工事が原因とは言い切れません。

5chでは工事以外の別の可能性について、指摘されています。

「地下水溜まりでもあって工事の映姫のでそこの水が無くなって陥没したか
元々なんらかの空洞があって工事の振動とかで崩れたとかやろか?
調布のあたりとかって第二次大戦の時にたくさん地下壕掘ってたんやなかったか?」

comment

comment

もともと陥没事故が起こったこの近辺は、第二次世界大戦時に地下壕を掘っていた関係で、空洞の多い場所でした。NEXCO東日本の工事が引き金になったとはいえ、陥没事故が起こりやすい地盤であったことがわかります。

現地の状況をきちんと調べもせず、工事を進めていたNEXCO東日本にも事故の責任があります。だからといってNEXCO東日本は工事の一時中止などの対策をとっているため、必要以上にNEXCO東日本を責める筋合いもありません。

調布市の道路陥没事故の概要

東日本高速道路(NEXCO東日本)は18日、東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道で道路が陥没したことを受け、施工中の東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事をいったん中止すると発表した。

陥没現場の地下でシールド工法による掘削工事を進めており、同様の工事をすべて見合わせるという。

現場は京王線つつじケ丘駅から約400メートルの住宅街。NEXCO東日本や警視庁によると、同日午後0時15分ごろ、道路が陥没したと通行人から110番通報があった。道路はセンターラインのない幅5メートルほどの市道で、穴は長さ約5メートル、幅約3メートル、深さ約5メートル。NEXCO東日本が近隣住民に避難を呼びかけているという。

NEXCO東日本は有識者会議を開いて原因を調査する方針。現時点で陥没と工事との因果関係は不明とするが、「地域の皆様にご迷惑をおかけしており、速やかな原因究明に努めたい」としている。

出典:朝日新聞デジタル

不幸中の幸いなのは、被害者が誰もいないこと。けが人も死人も出ていません。あくまでも、通りすがりの人がすでに道路が陥没している状態に気づいて通報したことによって、事故が発覚しました。

その他にも多数のメディアで報道されました。その動画はこちらです。

調布市の陥没事故に「もし誰かが巻き込まれていたら」。陥没写真を見るとゾッとします。

ちなみに報道ではスルーされていますが、陥没現場に骸骨が見えるというツイートにもゾッとします。誰もこのことに触れていないのが余計に怖い。これから別の事件に発展する可能性もなきにしもあらずです。

画像を見ると、確かに輪郭がガイコツそのもの。これ本当に問題にしなくて大丈夫なのでしょうか。

調布市道路陥没事故と博多駅前道路陥没事故との共通点

道路陥没といえば、博多駅前の道路陥没事故を思いだす人も多いはず。実際にツイッターにはそういう意見も寄せられていました。

調布市の道路陥没事故について、東日本高速道路(NEXCO東日本)が現場の地下で工事をしていることから、事故に何らかの関係があるのでは?と指摘する声が多数挙がっています。もし指摘が合っていれば、工事による道路陥没という共通点があります。

2016年11月8日、JR博多駅前で大規模な道路陥没事故が発生しました。現場は新設予定の駅の近く。地下トンネルの口径を広げている作業の最中に起こりました。

hakatadourokannbotugazou

hakatadourokannbotugazou

博多駅前の道路陥没事故は、工事中に起こったため、工事との因果関係がはっきりしていました。しかし、調布市の道路陥没事故は、道路が自然と落っこちていたので、直接工事と結びつけるにはきちんとした検証が必要となります。

コメント