スポンサーリンク

またも文春砲が炸裂しました。今度は立川志らくの妻がその弟子と不倫疑惑です。それにしても・・・不倫ネタは尽きませんね。

3月4日、落語家の立川志らく(56)。志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが報じられました。

ここでは、あまり知られていない立川志らくの妻とその不倫相手について、詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

立川志らくの妻・酒井莉加とはどんな人?

酒井莉加は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「Link Link Link」で活動していました。現在は舞台女優として活躍する他に、劇団「謎のキューピー」を主宰しています。

2002年に志らくが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚しています。

え?ぼ、坊主??随分と個性的な方のようですが、顔立ちがきれいで坊主姿も随分と似合っておられます。

酒井莉加さんは自身のブログでハーフであることを発表しています。父親が韓国人、母親が日本人。父親の名字がキム(金)だったそうですが、いじめに遭わないようにと名前を変えてくれたとのことです。

スポンサーリンク

不倫相手は誰?どんな人?

そんな酒井莉加さんの不倫相手とされているのが、立川志らくの弟子の立川うおるたーです。

これまた坊主の人。

立川うおるたーの経歴について、高校は甲府西高校で、偏差値は63、山梨県内では77校中6位というレベルの高いところを卒業。大学は成蹊大学を卒業しています。

2014年に立川志らくに弟子入りしています。2020年3月現在が25歳であるとすると、大学生のころに立川志らく一門に入ったということです。

しかし、演劇をやりたいという理由の元で、2017年に落語家を休業しています。現在は劇団員として、謎のキューピーに所属しています。感の良い方はもうおわかりかと思いますが、この謎のキューピーこそ、不倫相手である酒井莉加が主宰している劇団なのです。

スポンサーリンク

不倫はほんと?

週刊文春の直撃取材を受けた酒井莉加は不倫を否定しています。また志らくにも直撃取材があったようですが、次のように答えています。

「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」

行為はあっても関係性は崩れないということでしょうか。

しかし、酒井が志らくの弟子を“愛人”にしたのは今回だけではないというのが気になります。「週刊文春」の取材によれば、酒井は4年前に別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子を、志らくが破門。弟子はその後、精神を病み、消息不明になったそうです。

今後はどうなっていくのでしょうか?これからも続報があるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事