事件・事故

大麻栽培の新潟19歳女子高生の名前顔画像が流出か!「ダブりで男に中毒にされた」とネット物議

keisatu事件・事故
keisatu

文責/吉田樹

2020年7月27日、自宅のあるアパートの共用階段の踊り場で大麻を栽培していたとして、19歳の女子高校生が逮捕されました。

栽培用の種はインターネットで入手したということです。

大麻栽培していた19歳女子高生の名前・顔画像を特定、高校ダブり疑惑や男が原因という説について追っていきます。

19歳女子高生大麻栽培事件の概要

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、新潟県の中越地方に住む19歳の女子高校生です。

警察によりますと3月下旬から7月7日までの間、大麻を栽培していた疑いが持たれています。警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

女子高校生が栽培していた場所は、住んでいるアパートの共用階段の踊り場で、3つの植木鉢で栽培していたということです。

種はインターネットで入手していて、自分用に育てていたとみられています。警察が入手ルートなどを詳しく調べています。

出典:BSN新潟放送

・2020年7月27日、19歳女子高生が大麻取締法違反の疑いで逮捕

・3月下旬から7月7日までの間、住んでいるアパートの共用階段の踊り場で大麻を栽培

・「大麻を栽培したのは間違いない。自分で使うために育てた」と容疑について認めている

京都19歳女子高生の名前・顔画像

名前・顔画像・Twitter・インスタ・Facebookなど、詳細は調査中です。

犯人は19歳とのことですが、少年法改正に伴い、少年犯罪で本名や顔写真など容疑者本人が推定される報道(推知報道)を禁じる規定が見直されています。

送検される前には情報が挙がってきます。

19歳女子高生はダブりか?

通常、高校の期間は16~18歳の3年間です。

今回逮捕されたのは、19歳の女子高生。女子高生というには1年はみ出しています。ダブっていた可能性が高いです。

もしくは定時制高校に通っていたか。

南魚沼署が動いており、犯人は南魚沼市か湯沢町近辺在住。周辺に高校は少なく、長岡市内の高校に通っていたという情報も。(事件関係者)

19歳女子高生への刑罰は?

大麻栽培7年以下の懲役刑が科せられる重罪です。しかし、営利目的ではないこと、反省していることで罪が軽くなることもあり得ます。

今回のケースも自分が使用するための栽培であるため、営利目的ではありません。

あとは、裁判で反省してる様子が伝われば、罪が軽くなる可能性は十分にあります。

法律関係者によると、今回報じられている限りでは初犯なので、執行猶予が妥当なのではないかという見解でした。

「大麻栽培は男の影」にネット騒然

女子高生大麻育ててるってニュース出たら「男の影が、、きっとやらされてたんだ」とかいうやつなんやねん。女子高生もそりゃ大麻吸いたいやろ。

女子高生がこんなクレイジーなことを考えるわけがない。 誰か吹き込んだ奴の方を逮捕しないと!

大麻栽培の件、「女子高生が自分の意思でそんなことをするはずがない!誰かに唆されたに違いない!」って言い切っちゃうのはどうなのかな。もう選挙権のある年齢だし、女性にも当然主体性はあるのに。

19歳で女子高生もおかしいし大麻栽培もおかしいし大麻解禁派が騒ぐのもおかしいし

定時制ならば高校生が19歳でもおかしくない……って、問題はそこではないか。

19歳で高校生というのも気になるが、何より自己使用のための栽培という犯行がDASH村で料理のために素材から何から作る企画みたいで、ちょっと笑ってしまった。

犯行動機は男?金?快楽?

①男が大麻栽培を教えた

本人の供述では自分で使うために育てていたとのことですが、そもそも大麻吸引を自分だけで始めるということは考えづらいです。

なぜなら大麻使用のきっかけは「誘われて」というものが大多数です。つまり、大麻吸引を教えた人物がいるということ。

それが男とは限りませんが、女子高生の逮捕をきっかけに芋づる式に検挙される可能性も高いです。

②金を得るために大麻を育てた

「自分で使うために」との供述から、営利目的で大麻栽培という可能性は低いです。

しかし、営利目的で大麻を育てる方が罪が重いと知っていて、そう供述しているのなら・・・。

①と同様に女子高生の周辺を捜査することが急務といえます。

③自分の快楽のため

供述内容からすると、自分の快楽のために大麻栽培をしていたと捉えるのが自然です。

しかし、薬物事件は横のつながりが大きく影響するため、一概に断定することはできません。

いずれにしても、本人と周辺の人間関係への捜査は慎重に行う必要があります。

大麻の種を買うこと自体は合法

弁護士の指摘では、「大麻取締法において、大麻の種子は規制の対象外」。

大麻草の種を海外のサイトなどから購入して所持しても日本の法では罰せられないということです。

19歳女子高生はその種を栽培し、大麻草にまで育てていることから逮捕に至りました。

19歳女子高生の大麻種の入手経路

大麻を栽培し逮捕された新潟の女子高生の供述によると「大麻の種は海外のサイトから購入した」と語っています。

実際に検索画面で確認したところ、「大麻 種 販売」のキーワードで検索すると、堂々と大麻の種子を販売しているサイトがでてきます。

注意書きには「※観賞用です」と書かれていますが、大麻の種だけを鑑賞するために購入するはずがありません。

販売業者の逃げ道で記載しているにすぎません。

コメント