子育てグッズ

チュチュベビー 哺乳瓶

子育てグッズは日々進化しています。
基本的には便利なものが多いけど、使えるもの使えないものがあります。
金額の大小に関わらずお金がかかるものは失敗したくないですよね。

そこで買って良かったー!としみじみ思えるものを厳選!
まだまだ新米ママですが、今すでにママの人、これからママになる人への応援となれば幸いです。

チュチュベビー 哺乳瓶

Chu Chuとの出会いはプレママの集い?みたいなものから。
かつて公共ホールで音響さんやってた時にお仕事で見て、「いいなぁ。いつか私も参加する側へ行きたいものだわ。」と思っていた私。その夢叶う時が来ました。

その集いではママさんに必要なあれやこれやが集結し、試供品もたくさんもらえるというホクホクな空間なのです!(いつか詳しく書きたい・・・)

そこで試供品としてもらったのがチュチュベビーの哺乳瓶というわけです。

まだ何にも決めてない、特に主人はベビー用品揃えるのは産まれてくる直前でいいよ派だったので、哺乳瓶の登場は衝撃的でした。
で、もうあるんならこれを使えば?と主人の一言でこちらを使うことに決めた次第。

始まりはそんな感じですが、使ってみると使いやすいのなんのって。
(あくまでも個人の主観です。回し者ではありません。)

というのも乳首のサイズアップが不要なのです。
ママになって気づいたのですが、他のメーカーだと成長に合わせて乳首をサイズアップするようなのです。
通ってた保育園でも使っている哺乳瓶で乳首のサイズアップが不要と言っても、なんだか上手く伝わりませんでした。「何ですか?それ?」みたいな。そこは知っておいてほしかったなぁという思い、今ふと甦りました。

なぜサイズアップが不要なのか・・・
それは赤ちゃんの吸う力に応じてミルクを飲む量がコントロールできるスーパークロスカットだから。吸う力で自然に調整できるので、おっぱいを飲むようにミルクを飲めるというわけです。
(それにしても乳首やおっぱいという単語をこれほど自然に出せるようになるとは。母恐るべし。)

Chu Chuの哺乳瓶は全パーツ日本製。汚れがつきにくく丈夫な耐熱ガラス製。煮沸・薬液・電子レンジ消毒ができます。ちなみに我が家では電子レンジ消毒でした。

あとちょっとしたお役立ち情報。
乳首のつまりを解消する付属品があるのですが、多用すると裂けます。我が子がまれにむせたり、飲みづらそうにしてることがあったので、乳首をまじまじと見てみると、「あー!裂けてる!」

そんな時には乳首の交換がMUSTです。

スリムタイプ シリコーンゴム製乳首

我が家ではスリムタイプを使っていたので、ここではスリムタイプで紹介しています。広口タイプもあるので、お好みで選んでくださいね。

コメント