スポンサーリンク

ファミリーレストランのサイゼリヤは、7月1日からすべての店内のメニューの価格について、端数がない0円か50円とすることを発表しました。

ここでは、サイゼリヤの価格改定について、硬貨の使用が減る?高くなる?キャッシュレス化は?など気になることを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

価格改定で硬貨を使わなくなる?

サイゼリヤによりますと、新しい生活様式に対応するため、来月1日から店内のメニューの価格設定で端数を「00円」か「50円」に統一するということです。1円や10円などの硬貨の使用機会を減らすことで、客と従業員の接触機会を少なくする狙いです。

スポンサーリンク

今までよりも高くなる?

代表メニューの「ミラノ風ドリア」は299円が300円と、わずか1円ではありますが、これも値上げと言えば値上げです。約140品目のメニューのうち9割を1〜21円値上げするとのことです。しかしながら、この値上げの幅ならサイゼリヤを愛する人であれば許容範囲なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

キャッシュレス化はしないの?

サイゼリヤと言えば、支払いは現金オンリーの店舗が多いことでも有名です。現在、キャッシュレス対応の店舗は商業施設内を中心に約300店と言われていますが、今後キャッシュレス対応の店舗も順次増やしていくとのことです。年内にも全店に広げる見通しです。

 

これまでキャッシュレスにしなかったことに対しては、企業戦略と考えられます。

ネットの反応は?

スポンサーリンク
おすすめの記事